文字サイズ:

  • サイトマップ
  • 日本語 ENGLISH KOREAN

メニュー

トップページ > 見せる > 特別展示

見せる

特別展示

※平成29年度の特別展は終了いたしました。

東京国立近代美術館工芸館名品展連携事業
金沢卯辰山工芸工房 平成29年度特別展

21世紀鷹峯フォーラム 第三回in石川・金沢 関連事業 平成29年度特別展「乾漆展」

会期 2017年10月7日(土)~11月20日(月)
開館時間 午前9時~午後5時まで(入館は午後4時30分まで)
休館日 火曜日(火曜祝日の場合は翌平日)
入館料 一般300円(250円) 65歳以上200円 高校生以下無料
( )内は20名様以上の団体料金
会場 金沢卯辰山工芸工房 本館2階展示室
主催 金沢卯辰山工芸工房、東京国立近代美術館工芸館名品展開催実行委員会
特別協力 東京国立近代美術館
後援 北國新聞社、北陸放送、テレビ金沢、エフエム石川

乾漆(かんしつ)とは、粘土や石膏などの原型に、漆を接着剤として麻布を貼り重ね、型を抜いて造形物とする漆工技法です。7世紀に中国から伝承され、奈良時代には伎楽面や仏像彫刻などに用いられました。興福寺の阿修羅像を含む国宝「乾漆八部衆立像」は、現在もその形を残し、その芸術性と技術の高さを知ることができます。近年、漆芸家たちは乾漆技法を用い、器や手箱、彫刻に至るまで、その技術と表現を練磨してきました。本展では現代の乾漆作品とともに、八部衆立像の中から、当時の技法を用いて再現した「乾闥婆像(けんだっぱぞう)」の復元作品を展示します。天平時代から伝わる技と美の広がりをご覧ください。

出品作家
伊能一三・大西長利・奥出寿泉・小梛真弓・柿田喜則・鎌田克慈・古伏脇司・笹井史恵・塩多慶四郎・鈴木祥子・田中信行・土岐謙次・林曉・増村紀一郎・増村益城(50音順、敬称略)


サムネイル:特別展のご案内
特別展のご案内(pdf版)…チラシ(pdf版)のダウンロードはこちら(560KB)

問い合わせ先

金沢卯辰山工芸工房
〒920-0832 金沢市卯辰町ト10番地  TEL 076-251-7286  FAX 076-251-9113
http://www.utatsu-kogei.gr.jp

  • 技術研修者募集について
  • 作家紹介

ページトップへ

金沢卯辰山工芸工房

〒920-0832 石川県金沢市卯辰町ト10 TEL:076-251-7286 FAX:076-251-9113